とめとく情報サイト トラストナビ

  • >> 
  • >> 

「夏バテ」対策、大丈夫?


   
「夏バテ」対策、大丈夫?
このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日暑~い日が続きますが、体調はいかがですか?
そろそろ夏の疲れがどっと出てくる時期。いわゆる「夏バテ」が気になりますが、原因や注意点など「ニホンドウ漢方ブティック」の主任相談員・薬剤師の山田裕里子さんに伺ってきました。

夏バテって?

―夏の暑さが第一の原因と思われがちな「夏バテ」。でも実は違う?

「便利社会の今、どこに行ってもクーラーがあります。通常は自力で体温調節ができるはずなのですが、現代人は汗をかきにくくなっているんです」と山田さん。クーラーのある快適な室内と外の気温と湿度の急激な変化が自律神経を乱れさせてしまうそう。

「冷たいものの飲みすぎ、食べ過ぎも胃腸のダメージにつながります。それが原因で体調を崩し、大事なエネルギー源である食事が取れなくなってはいけません」。


―この暑さに負けて、ついつい冷た~いジュースやアイスクリームに手が伸びてしまいますが・・・(汗)

「まず、汗をかく習慣をつけましょう。そして、旬の夏野菜を食べてミネラルやビタミンの摂取を心がけて。しかし、夏野菜も摂り過ぎると冷えの原因となりますのでほどほどに。」

「あとはやはり睡眠不足は夏バテの大敵です。たっぷりの睡眠で体力を回復させましょう。その際はなるべく、クーラーではなく扇風機がおすすめです。それも肌に直接冷気が当たらないように注意してください」




「漢方」で夏バテを撃退

漢方で夏バテを撃退


夏バテをはじめ、その人の体調に合わせて提案される「漢方」。毎年、この時期には夏疲れが原因で来店するお客様が多いのだとか。主に夏バテに効果的な漢方を紹介します。

清暑益気湯(せいしょえっきとう)
高麗人参や五味子(ごみし)、甘草(かんぞう)など9種の生薬をブレンドしたもの。体のだるさや暑さに弱い方に処方するそう。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
おなじく、高麗人参をはじめとする10種の生薬をブレンド。冷たい飲み物や食べ物ばかりで胃腸が弱っている方におすすめ。

温経湯(うんけいとう)
高麗人参、半夏(はんげ)、当帰(とうき)など12種の生薬をブレンド。クーラーが原因の冷房症の方はこちら。

飲み方は朝・昼・夜の空腹時。煎じたものは30分ほど煮出して服用します。※個人の体調により異なりますのでご相談ください。


「『夏バテ』と一言でいっても、体のどこが気になるかなど1時間の漢方相談を通じて、その人に合う漢方をご提案致します」と山田さん。夏の疲れを持ち越さないためにも、一度相談してみては?





[取材協力]
■ニホンドウ漢方ブティック 博多大丸店
■住所:福岡市中央区天神1丁目4番1号 博多大丸福岡天神店東館地下1階
■TEL:092-726-1193
■HP:http://www.nihondo.co.jp/




ページトップへ戻る

▲PAGE TOP