とめとく情報サイト トラストナビ

  • >> 
  • >> 

「防犯・危険回避を考える」


   

背景&下線見出し
「防犯」と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?
カギをかけるとか、暗い道を歩かないなど色々あると思いますが、今回は南区の大平寺会館で行われた「防犯・危険回避を考える」をテーマにした防犯講習会に参加してきました。参加者は小中学生から大人まで。また、参加者の1/3は女性と幅広く、内容も普段の生活で役に立つものが多かったので、いくつかご紹介します。駐車場から家までの道が暗いアナタ!必見ですよ。

護身術とは
護身術と聞くと「自分にはちょっと・・・」とハードルの高さを感じたり「習う時間がない」と感じる方も少なくないでしょう。護身術は文字通り自分の身を守る術のことで、「格闘技」など特別な技術だけを指す訳ではありません。何か自分に危険が迫った時(襲われそうになった時など)に、どうしたら助かる確率が上がるかというもので、相手を倒す為のものではありません。それでは、誰でもできる簡単な護身術の例を紹介しましょう。

【暴漢にあわない為に】
  • 帽子をかぶるなどして、夜道ですぐに女性と分かる服装を避ける
  • 人通りを多い道を通る
  • 次の角から誰かが飛び出してきた場合を予測して歩く
  • バッグを車道側に持たない


  • 【暴漢にあってしまったら】
    「×:悪い例」
  • 応戦する              (女性には特にオススメしません)
  • そのまま逃げる      (追いつかれると更に状況は悪化している可能性が高くなります)

  • 「○:良い例」
  • 大声を出す!         (勇気は要りますが、コレ以上の護身術はありません)
  • 隙をついて逃げる! (隙をついてというのがとても大事)
  • 正しい逃げ方
    先に述べたように、「逃げる」にも2種類あります。ココで重要なのは相手のほうが体力的にも上の場合が多い為、そのまま逃げても追いつかれる可能性が高いという点です。いかに隙をついて逃げるかによって、危険から脱出できる可能性が大きく変わってくるそうです。隙を作る為には、「4玉」と呼ばれる急所を狙う事が大切です。「4玉」とは「①頭」・「②目ん玉」・「③金玉」・「④首っ玉(喉仏)」のことで、誰でも鍛えようのない人間の急所です。では、急所がどこかを踏まえて、ココで逃げる為の隙をつくるための方法をいくつか紹介します。

  • 顔に砂をかける (野球フォームで投げないコト!力士が塩を撒くように下から)
  • コショウなどの粉末も同様に有効
  • スタンガン    (取られる危険性あり)
  • 催涙スプレー  (風の影響を受ける)
  • 携帯電話や石ころを握った手で鼻や4玉を叩く
  • ヒールで足を強く踏む  (後ろから抱きつかれた場合)

  • ただし、これはあくまで参考例で、必ず成功するわけでありませんが、そのまま逃げて追い込まれると、更に状況が悪化している場合が多い事は、覚えておいて損はありません。



    ●腕を摑まれたら(左写真)
    暴漢や痴漢に腕を摑まれたらどう対処したらよいか、実際に受講者も参加して体験できました。写真は、暴漢が摑んだ手を取り軽く回すだけで、一気に形成逆転した様子です。最初は恥ずかしがっていた女性も、逆転劇の見事さに興味津々!積極的に実技指導を受けていました。

    ●本気でやってます!(中央/右写真)
    模範演技のデモンストレーションでは、講師の中村さんが、暴漢役が本気で出したパンチや蹴りをいとも簡単に「右から左にうけ流す」という有段者ならではの受身を披露。打合せ通りのパフォーマンスかと思い、後で暴漢役に聞いたところ「本気で打ったのに当たらない」とか。恐るべし。

    背景&下線見出し
    強くなりたい方
    「一生涯現役で・・・それが私達の目標です」
    護身・健康維持・体力向上・ストレス解消など
    子供から大人、壮年、女性まで。
    自分の目的に応じた指導を行っています。
    見学・体験は無料で随時大歓迎!
    お気軽にお問合せ下さい。




    拳武会
    〒811-1354
    福岡市南区大平寺1丁目24-5
    大平寺会館内
    拳武会南支部(中村)
    電話:092-565-2645
    nakamura@get-grp.co.jp
    http://www5.atpages.jp/kenbukai/
    もっと知りたい人はコチラ

    ▲PAGE TOP